LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

大阪人の私がアメリカ人の夫にアメリカンジョークを試してみた

calendar

reload

大阪人の私がアメリカ人の夫にアメリカンジョークを試してみた

こんにちは、リリーです!

最近ストレスが溜まっていたのですが、私の気軽にストレス発散する方法といえば・・・

そう、「笑う」です。ユーチューブなどで、お笑い番組を一通り観て笑ってストレス発散します。ダウンタウンやくりぃむしちゅー、ブラックマヨネーズなどが私のお気に入りです。

ダウンタウンの松本さんやくりぃむしちゅー、ブラックマヨネーズの小杉さんは、天才!と敬愛しています。ツッコミの仕方、バリエーション、瞬時の判断、次への繋げ方など、どの視点から見ても、彼らの人を笑わせるスキルのすごさと頭の回転の早さに圧倒して毎回大爆笑です。

でもなぜ、私は14年もアメリカにいて、笑いを求める時は日本のお笑いに直行するのか・・・

お笑いって、育った環境と文化が全力発揮されるエリアといっても過言ではないかもしれません。逆に、日本では「アメリカンジョーク」という単語があります。アメリカンジョーク、というと「あんまり面白くない」というニュアンスが付いてくるような気がするのは、私だけでしょうか?

『あんまり面白くないというイメージがあるアメリカンジョーク、夫はアメリカ人だから、実際問題、笑うんだろうか・・・?』

と、ふと思いました。そこで今日は、私は生粋のアメリカ人夫に、実際にアメリカンジョークを投げかけて反応みてみました。

私が選んだアメリカンジョークは、ネットに漂っていたもの3件。

  1. 政治もの
  2. 起承転結もの
  3. バーに入店してみたもの

と、それぞれメジャーなものです。ジョークの後に結果として、私と夫それぞれのリアクションを星で評価してみました。満点は5つ星でとっても面白かったら5つ星、逆に面白くなかったら0星。尚、ジョークは日本語訳で載せていますが、一番下に原文の英語バージョンを載せておきますので、アメリカ人の反応をみてみたい方は是非お試ししてみて下さい。

sponsored link

まず、「政治もの」

ブッシュ大統領とチェイニー大統領補佐官、ラムズフェルド国防長官が飛行機に乗って話していた。

ブッシュ大統領:「ここから100ドル札を一枚落とすと誰か1人幸せになれるね。」

チェイニー大統領補佐官:「私なら10ドル札を10枚落としますね。そうすれば10人が幸せになれる。」

ラムズフェルド国防長官「いや。1ドル札を100枚落としたら100人幸せにできるでしょう。」と言う。

するとパイロットが言った。「あんたら3人を落とせば世界中が幸せになりますよ。」

結果

大阪人の私2つ星⭐️⭐️、アメリカ人の夫3つ星⭐️⭐️⭐️

私は、ふふふ、と鼻で笑った感じ?でも夫は、はははっと笑っていました。「that’s a good one.」とのコメントも。アメリカでは主流の平日夜に放送される「ナイトショー」関連のテレビ番組(The Tonight Show, Late Night Show, Jimmy Kimmel Live, etc)では政治やニュースの問題に焦点を当てて社会風刺を取り上げて、ウケを狙うパターンとても多いです。つまりアメリカ人のお笑いは、政治・社会風刺が根本にあり、その環境で育った夫にはオモシロ度が私よりも高かった模様

「起承転結もの」

ジョンとマイクがドライブ中にエンストしてしまい、近くの教会で馬車を借りることになった。

そこの神父が言うには「この馬はずっと教会で生まれ育ちました。ですから宗教関係の言葉しか理解しません。前進させる時には『主に感謝します』、停止させる時には『主をたたええます』です」

二人は神父に感謝して道を急いだが、前方に断崖絶壁が迫った。

ジョンは「止まれ!止まれ!」と叫んだが馬はいっこうに止まらない。

マイクが「そうじゃない!主をたたえます!

崖の寸前で馬車は停まった。二人はほっとしてつぶやいた。

主に感謝します

sponsored link

結果

大阪人の私4つ星⭐️⭐️⭐️⭐️、アメリカ人の夫2つ星⭐️⭐️

これは、私の中ではドリフ大爆笑を連想させるネタだったので、私は「はははっ」と声を出して笑いましたが、夫は、ふふふと鼻で笑った感じでした。上の政治系のジョークのリアクションの反対な感じ。やっぱり、アメリカ人は政治が絡んだ方が、より面白さを感じるのでしょうか・・・。はたまた、無宗教の夫からすると、キリスト教が絡んだので、面白みが少し抑え気味になったのでしょうか。このネタはアメリカ人の夫よりも私の方がウケていました。

「Screwdriver walks into a bar…」

スクリュードライバーが、バーに入店しました。バーテンダーが、「君の名前にちなんだ飲み物があるよ!」と言いました。スクリュードライバーは「え?僕の名前、Murrayっていうんだけど、その名前の飲み物があるの?」

結果

大阪人の私0星、アメリカ人の夫1つ星⭐️

これ、私にはまだまだハードルが高い「OOがバーに入店したら・・・」シリーズ。一度聞いたくらいでは、私には理解できませんでした。夫は、「ふ〜ん・・・」という始末。これ、好き嫌いがはっきり分かれるジョークなのか、はたまた「Bar Joke」というくらいだから、酔っ払った人にウケやすいのか。このシリーズのジョークは、必ず「A Man Walks into a bar, (ネタが続く)」 「Guy walks in to a bar, (ネタが続く)」と言った形式で、たくさんのバリエーションに富んでいます。自分が笑えるものがないのか色々と探してみたのですが、一つも見当たらず、寒くなる一方でした。

まとめと番外編:ピコ太郎

やっぱり(?)アメリカンジョーク、私は未だに涙を出して笑うほどのジョークに出会えていません。ただ、アメリカンジョークではない、「普通のアメリカ人のコメディアン」はもちろんたくさん面白い方がいらっしゃいますので、アメリカ人のジョークが全部面白くない、と言っているわけではないです。現に私も夫も色んなアメリカ人のコメディアンの番組を観て大笑いすることもしばしば。

画像はavexホームページより

ちなみに・・・ピコ太郎を私と夫二人で初めて観たんですけど・・・

一度目に観た時は、二人とも、すごく、もう、なんて言ったらいいのかわからない感情に支配されました。何をどう論理付けしたらいいのかわからず、えっ?えっ!!?となり・・・でもまた好奇心から続けてもう一度見たときに、なんだかすごく二人で大爆笑していました。つまり私も夫もピコ太郎に5つ星⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️?私もアメリカ人の夫も、そんな何ともない単純なネタが好きだったりするんですかね。

英語原文バージョン

George Bush, Cheney and Rumsfeld

George Bush, Cheney and Rumsfeld are flying in on Air Force One when George peers out the window and says “You know, I could throw a thousand dollar bill out the window and make one person really happy.” Cheney, not to be outdone answers “well I could throw 10 $100 bills out the window and make 10 people really happy.” Rumsfeld, chiming in, says “well I could throw 100 $10 bills out the window and make 100 people really happy.”

The pilot, having overheard this conversation in the cockpit, leans over to the co-pilot and says “We could throw all 3 of them out the window and make 175 million people really happy!”

sponsored link

Highly religious horse

There’s this guy who had been lost and walking in the desert for about 2 weeks. One hot day, he sees the home of a missionary. Tired and weak, he crawls up to the house and collapses on the doorstep. The missionary finds him and nurses him back to health. Feeling better, the man asks the missionary for directions to the nearest town. On his way out the backdoor, he sees this horse. He goes back into the house and asks the missionary, “Could I borrow your horse and give it back when I reach the town?”

The missionary says, “Sure but there is a special thing about this horse. You have to say ‘Thank God’ to make it go and ‘Amen’ to make it stop.”

Not paying much attetion, the man says, “Sure, ok.”

So he gets on the horse and says, “Thank God” and the horse starts walking. Then he says, “Thank God, thank God,” and the horse starts trotting. Feeling really brave, the man says, “Thank God, thank God, thank God, thank God, thank God” and the horse just takes off. Pretty soon he sees this cliff coming up and he’s doing everything he can to make the horse stop.

“Whoa, stop, hold on!!!!” Finally he remembers, “Amen!!”

The horse stops 4 inches from the cliff. Then the man leans back in the saddle and says, “Thank God.”

A screwdriver walks into a bar

A screwdriver walks into a bar. The bartender says, “Hey, we have a drink named after you!” The Screwdriver responds, “You have a drink named Murray?”

参考リンク:アメリカンジョーク日本語バージョンBush, Cheney and Rumsfeldhighly religious horseA Screwdriver walks into a barAvex ピコ太郎

sponsored link

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]