LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

英会話で確実に会話を繋げるネタ5選!

calendar

reload

英会話で確実に会話を繋げるネタ5選!

こんにちは、リリーです!

アメリカ人との会話を始めるきっかけ。いざアメリカもしくは英語圏に留学に来ました。語学学校やホストファミリーと会話のチャンスもたくさんあります。が、お友達や知人と何をきっかけに喋り出したらいいの?!という方も少なくないはず。

日本語だとペラペラ喋れるのに、英語だと考えすぎて言葉に詰まっちゃう、という方もいらっしゃると思います。今回は私の経験をもとに、アメリカ人との会話を始める切り出しをtopic別に書き留めたいと思います。というか、この5点は本当にヘビーローテションで、何ならアメリカ人の同僚とこれしか喋ってないんじゃないか?というくらいです。(苦笑)

sponsored link

週明けのネタ

月曜日は楽しい週末も終わり、現実(?)への第1日目。私がよく同僚から聞かれるトピックの第1位は「週末どうだった?」「How was your weekend?」です。週末何をしたか、本当にこれでもか、というくらい聞かれます。よく引きこもる私の何もしなかった週末の答えとして「 I was at home, quiet weekend.」ですがその後すかさず「How about you?  How was your weekend?」とお返しに聞きます。

そうすると、相手は大抵何をしたとかどこに行ったとかを教えてくれますので、そこから「Sounds fun!」や、自分がまだ観たことのない映画を観たと言われると「Oh I haven’t seen that movie.  Was it good?  Did you like it?」と聞いたりして、会話を繋げることも可能です。

sponsored link

お天気ネタ

ずばり、お天気の話。そう、お天気の話は、本当に当たり障りない全国共通の話題ではないでしょうか。笑 今日は寒いね〜「It’s so chilly today!」、今日は天気良いね〜「The weather is so nice today!」、雨やばくない? 「It’s raining pretty hard !」とか。

春・夏が待ちどおしいよ〜とか、次の旅行予定とかあるの?などに、話を繋げることもできます。アメリカ人、けっこうな頻度で皆さん旅行されるみたいです。みんなフットワーク軽いな〜といつも思っちゃいます。

TVドラマや映画のネタ

日頃から、会話のtopicに困りたくない方は、アメリカで放送されているドラマを観ることをお勧めします。日本でも有名かと思いますが、The Walking DeadやGame of Thronesとか。放映日の次の日だと、大抵同僚たちとその前の日に観たドラマの話に花が咲きます。

あと、自分が好きなドラマや映画とかの話をしてみても良いと思います。アメリカでは、2週間毎くらいのペースで、新しい映画が放映されますので、最近映画観た〜?とか、そうそう、こないだこんな映画観に行ったよ〜などなど。

sponsored link

スポーツのネタ

アメリカでは国民的スポーツのアメリカンフットボールが9月から2月まで行われます。試合が行われる曜日は決まっていて、月曜日の夜(Monday night football)、木曜日の夜(Thursday night football)と日曜日の夜(Sunday night football) となります。アメリカでは男女問わず、フットボールファンが思った以上にいます。私が住んでるシアトルは、シアトルシーホークスのチームがとてもメジャーです。(大阪で阪神タイガースのファンと一緒な感じ?)

日曜日にシーホークスの試合があるときは、その前々日の金曜日は、「ブルーフライデー」と言われ、オフィスの服装も、シーホークスのジャージやスエットトレーナーの確率がとても高くなります。ちなみに、College football(大学生によるフットボール)は土曜日に行われます。もしスポーツが好きな方には、試合をテレビで観るかなどを聞いてみるのも良いですね。

週末のネタ

待ちに待った金曜日!次の日は土曜日日曜日への週末突入ですので、月曜日と似たような感じですが、若干空気が軽く明るくなるような気がするのは私だけ?笑「Do you have any plans for this weekend? 」週末の予定は何かある〜?が、やはりだんとつよく聞かれます。月曜日と一緒で、自分の予定を言ったあと、あなたはどんな予定があるの?と聞いても良いと思います。

また、「やったー!金曜日だー!お疲れー!」は 「Happy Friday!!」と言います。これを同僚にいうと、たいてい「ありがとー!」という返事が返ってきます。逆にこのフレーズを言ってもらうと、「Thanks and same to you!!」と返しておけば、相手も喜びます。日本語でいうとお疲れ様です!のニュアンスが強いと思います。余談で既にご存知の方も多いと思いますが、アメリカではTGI Fridayというレストランがありますが、このTGIの元の言葉は「Thank God It’s Friday」を意味します。

上記5点は、毎日顔を合わす同僚とも気軽に会話を始めることができ、またその人のことをもう少し詳しく知る良いチャンスでもあります。会話は常にキャッチボールですので、何か自分に話しかけてくれた人には、「How about you?」と私は礼儀も含めて聞き返すようにします。また私は自分にあまり話すネタがない時は、そうして相手に喋ってもらうようにします。

下記リンクは”Great Conversation Starters for the Workplace”という記事で上記の私が述べたネタ以外にも、結構たくさんトピックがリストアップされていて、サクッと一度読んでみる価値はあるかもしれません。Great Conversation Starters for the Workplace

sponsored link

この記事をシェアする

プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]