LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

アメリカでも気軽に大人の習い事

calendar

reload

アメリカでも気軽に大人の習い事

こんにちは、リリーです!

昨夜も行ってきました、私の現在唯一の習い事、フラダンス。今日はちょっと体が痛いです。私は家と仕事の往復の中、何か自分が楽しめる趣味を見つけたいなぁと思い、8年ほど前から、今までいくつかの習い事に挑戦してきました。フラダンスは意外に(?)続いて現在3年目になります。日本ですと、色々勝手がわかるのですが、アメリカですと、最初のクラスを取ることが、私の中では大きな壁でした新しいことを始めるって何かと勇気と行動力がいると思うんです。

でもいざ習い事を始める事によって色んなポジティブな事がありました。自分が楽しい時間を過ごすだけでなく、新しいお友達ができたり、人脈を広げたり、と授業料以上のものが得られる場合があると思います。因みに私は今の夫と、習い事を通して知り合いましたので、意外と出会いの可能性もあります!と声を大にして言いたいです。笑

そこで今日は私がアメリカでトライした習い事・クラスを紹介します!この記事を読んで「あ~そんなクラスもあるんだ、私でも気軽にできるわ!」と思って頂けたら嬉しいです!

sponsored link

陶芸 (1度だけ挑戦)

たまたまグルーポンで見つけたのが、陶芸クラス2人で2時間、インストラクター&粘度付きコースで$69だったので、夫と一緒に楽しめるかな?と思って、クラスを取りにいきました。このクーポンでは、粘度をこねて、ろくろで回して、形を整え、そして先生がそれぞれの作品を窯で焼いて下さる、というところまで、$69でカバーされていました。

作品を焼いてもらい、1週間後にまたスタジオに戻って自分の作品に色付けをしました。色を付けた作品は最後にグレーズ(艶出しコーティング)を先生にしていただいて、それからまた1週間後に、やっと自分の作品が完成しました。ちなみに、この色付けとグレーズの過程では一人プラス$15の合計$30でした。色つけとグレーずしてもしなくても良かったですが、折角器を初めて作った次第ですので最後まで仕上げることにしました。

感想はというと、とても楽しかったです!特に、ろくろに乗せてグルグル回しながら形を整える工程など、生まれて初めての経験でした。一人映画ゴーストニューヨークの幻です。(夫は横でろくろで自分の器を作成していました)ただ、私は残念ながら底を薄くしすぎた様子で、焼いてもらったときに、底が穴あきました。(残念。)なので、何か植物でも入れようかと思ってます。夫の作品は無事生き残り、ちゃんとした器に仕上がりました。結果的にはとても高価な器になりましたが、とても楽しい時間を夫婦で過ごせたので、大満足です!

ヨガ(3度挑戦しました)

ヨガは、病院の先生からパニック障害によく効くからお勧めよ、と言われたので、3度ほど違う先生のクラスをとりました。それぞれ1クラス1時間だいたい$10~$15でしたので、友達と一緒に何回かクラスをとりました。

が、暑い。笑 普通のヨガなのに暑かった。 1クラス30人くらいはいたかな?私を除いてみんなアメリカ人だったのですが人と人との距離も近く、スタジオのドアを閉めたとたん、なんだから圧迫感からか、私の持病の広場恐怖症も発生していまい、とても息苦しくなったのを覚えています。

広場恐怖症とは、パニック障害の一部なのですが、ある特定の場所に自分が「身動きがとれない」とパニックになっていまうことです。別にドア開けてクラスから退出したらいいでしょ、って頭ではわかっているのですが、ドアを開けることによって皆さんの邪魔をしたくない、という思いから、自分がそこから動いてはいけない、というほぼ錯覚の状態ですね。

ですが、こんな私でも諦めていません。ヨガがやりたいんです。色んな記事を読んでみますと、自分の身体のアライメント調整というかチューニングにすごくよく効くみたいだし、何よりメディテーション効果が精神的にも良い影響だと思います。(私パニックになっちゃいましたが 苦笑) なので、今のところ私は1週間に1度ほど、ユーチューブを見ながら自宅でセルフヨガをしています。

sponsored link

フラダンス(現在継続中3年目です)

今は日本に帰ってしまった友達Aちゃんと、軽い運動一緒にしたいね~と、大晦日の夜に話をしていました。そこでハワイ好きだし、フラダンスでも始めようか!と、とても軽いノリでした。グーグルでフラダンス教室を探すこと10分、Aちゃんと私の通いやすい場所を基本に一つのクラスに絞り、問い合わせのメッセージを送ったところ、翌日の元旦の日に、先生から早速お返事がありました。いつでも授業参加しに来ていいよ!とのこと。私たちは最初、見学のみの希望だったのですが、見学するより一度体験してみなさい!という先生の押しもあり、1度体験入学みたいな感じでした。

びっくりしたことは・・・フラダンスかなり奥が深い!!踊っている間、基本両膝を曲げてスクワット状態。そして両手両足のつま先から肘や膝の位置や動かし方、はたまた大基本の腰を右左振ったりしながら、忘れずに、顔は余裕の笑顔が要求されます。笑

最初の何週間は、クラスの後は毎回お尻が筋肉痛でしたが、とにかく楽しい!クラスを取っているかたは、本当に皆さん気さくな女性の方で、年齢も上はいくつだろう?55歳とか?そして私が知らなっただけだと思うのですが、日本人女性の間でもフラダンスってとっても人気があるんですね!私が所属しているOhanaでは、40%日本人、20%ハワイ出身のアメリカ人、40%その他アメリカ人といった構成です。私は男兄弟しかいないのですが、姉や妹がいたらこんな感じなのかなぁ~とシスターフッドが体感できますし、日本人のお友達も増えました。みんなそれぞれ色んなバックグラウンドがあるなか、踊るときは一心同体になるので、部活感満点。まだまだこれからも続けようと思います。

剣道(合計7年ほど。今は休憩中)

私は中学の時に剣道部に入っていたのですが、中学を卒業したと同時に、剣道とは全く疎遠になっていました。アメリカに来て30歳の誕生日を迎えたときに、「運動しないと!」と思い立ちました。当時30代に突入した、ということからでしょうか。偶然にも、当時働いていた会社の上司(アメリカ人・奥様が日本人)が剣道をされていたこともあり、私が剣道の経験があると知るや否や、リリーも剣道しよう!!と誘っていただきました。

最初は、いや~、胴着とか防具とか持ってないし、買わなあかんかなぁ〜どないしよ~と、中学の「臭い濃い」思い出しかなかったのですが、アメリカで初めてする習い事ですし、剣道なら基本的な事はわかっているつもりだったことも後押しして、道場見学に行きました。見学しながら、練習されている生徒さんたちをみて、中学時代を思い出し、なんだかとても懐かしく心がワクワクしたので、この道場に参加することに決めました。

そうです、ここで今の夫と出会ったのです。夫は武道大好き人間で、ある意味硬派(?)なのですが、私をコーヒーにでもと誘うまで半年かかっていました。ほかにもアメリカ人シングル男子選手たちがいたりして、シングル女子には良い出会いの場かも!と思います。出会いがなかったとしても、良い汗かいて良い運動になりますよ!

sponsored link

まとめ

まだ他にも生け花にも実は3か月ほど挑戦したのですが、自分の才能の無さを再確認したり私には難しすぎたということで、すぐにドロップアウトしました。今現在は、私の習い事はフラダンスだけなのですが、そのうち、頑張って生徒数が少なめのヨガ教室を見つけてめげずにトライしたいです趣味・習い事を始めたことによって、かけがえのない出会いもありました。たかが習い事、されど習い事。みなさんも気軽にアメリカで何か習い事してみませんか?

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]