LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

アメリカでの挨拶ハグの超簡単な仕方

calendar

reload

アメリカでの挨拶ハグの超簡単な仕方

こんにちは、リリーです!

アメリカや海外にいて挨拶の一貫で「ハグ」を求められた時、日本人の私たちは照れ臭いやら、慣れてないやら、はたまたどうやってハグをしたらいいか、という経験、ありませんか?私は今ではもう慣れたのですが、ハグの文化がない日本で育った私も、慣れるのにもちろん時間かかりました。

そんな中、私の経験からどんなハグが一番スムーズにいき、後味の良いハグができるかという答えにたどり着きました! 笑  あくまでも私個人の経験からですが、在米14年のハグ歴からの見解です 笑

sponsored link

一番重要、ハグの角度

まず、留学先に到着して例えばくうもうにホストファミリーの方が迎えにきて下さった場合や、自力でホストファミリーの家に到着してホストがドアを開けてくれてた瞬間。大抵ハグの確率が高いですよね。そういう時は勇気を出して、笑顔で「Hello!!」と言って両手を広げてみましょう。相手方も大抵自然に両手を広げてハグをしてくれると思います。

この時です!!!

あなたの伸ばした両手にちょっと「角度」をつけてみましょう。両手を広げたときに、「左右水平レベル」ではなくて「右側の腕か左側の腕をもう片方よりも高め」に。そうすると相手もあなたが高めに挙げた腕の反対の腕を高めに挙げて、ハグをしてくてると思います。

よくありがちなスムーズじゃないハグはお互いが、水平に両手を広げるパターンです。双方どちらの腕が下側になるのか、ちょっと躊躇してしまいます。お互い飛行機の形をして正面衝突みたいな感じ?

あなたが両腕の高さを微調整することで、ハグは滞りなくとてもスムーズに事が運びます。また、日本人の方に特によく見受けられるのが、上半身だけ前につんのめってハグをするという姿勢です。ハグをする時は上半身と下半身の頭のてっぺんから足先まで、垂直にいることをお勧めします。是非お試し下さい!

sponsored link

ハグの相手

女性同士、異性同士というかもちろん男女問わず、ハグは頻繁に行われます。私の場合、日本人のお友達とも、月イチで会ってごはんを食べたりしてその後別れる時、いつもハグしてお別れします。

先日も、4組の友人たち夫婦(アメリカ人6名日本人2名)と晩御飯を食べた時も、全員とハグをしてお別れしました。でも、1度会っただけの知人、などは、関係がどれだけ近しいかによりますが、ハグはちょっとなぁ〜と思うときは、無難に握手してお別れしても大丈夫です。

逆に私が日本に里帰りして友人と楽しい時を一緒に過ごした後に、いつもの癖でよくハグをしようとしてしまうのですが、「はっここは日本!ハグの文化は無い!」と気付き、ハグの我慢したりします。危ない、欧米かぶれの日本人になるところだった、と。でもまぁ大親友などはハグしまくりますけどね、あ、女友達限定ですけど 笑

sponsored link

あと男性同士だと、ハグをした後に、お互いハグしたまま肩をポンポンと叩くというハグをよく目にします。私の旦那も、長年の友人と別れるときは、このハグして肩ポンポンのバージョンです。ちょっとMasculine(男性らしさ) を意識してるのかもしれませんが、なんなんでしょうね。

一般的なハグの時間

リサーチで出されている、ハグの平均時間、どのくらいだと思います?5秒?10秒?

正解は・・・

「3秒」だそうです。え?たったの3秒?!って感じですよね。でも、私も色々なハグを思い返してみると、3秒という結果に納得です。

ただ時には、情のこもったハグなどはもう少し長くなるような気がします。遠方に住んでいる旦那の家族やお義母さんと、最後に空港でお別れするときは、5秒のハグは確実です。何ならお義母さん、口にブチュっとキスもしてくれます 笑  やはり「離れたくないよ〜」や、「また当分会えなくて寂しいね〜」という感情もあるからでしょうか、普段よりも確実に長めのハグになります。

追記ですが、20秒以上のハグだとセラピー効果になるそうなので恋人さんなどと試してみても良いかもしれませんね。

いかがでしたか?もうこれで皆さんも、ハグが怖くない!余裕でアメリカ人と挨拶ハグができると思います!

参考リンク:http://www.sciencemag.org/news/2011/01/hugs-follow-3-second-rule

sponsored link

この記事をシェアする

コメント

  • 初めまして。

    皆既日食の情報を日本語で読みたかったので、大変助かりました。
    その際、偶然見つけたこの有益なハグ情報!
    腕の角度がポイントとのこと「なるほど!」となりました。
    早起きは三文の徳とは正にことのことです笑
    もうすぐ在米10年目に突入ですが、未だハグが苦手で日本風にお辞儀で済ますことに全勢力を注ぐのですが、大概が失敗に終わります。
    これからは腕に角度をつけて広げて自ら寄っていこうと思いました。

    ありがとうございました!

    by ちさと 06/22/2017 6:23 am

    • ちさと様

      初めまして!コメント大変有難うございます!
      私もブログを始めて初めてコメントを頂いたので、とっても嬉しいです。
      本当にアメリカはハグ文化で、私もよく微妙な失敗例ありますよ〜 苦笑
      身長差や関係の距離感なども、ハグの相手により色々シチュエーションありますが、是非、「角度」試してみて下さい〜。

      拙い文章ですが、今後とも宜しくお願いいたします!

      by リリー 06/23/2017 9:07 pm

down コメントを残す




プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]