LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

留学する前に考えておきたい4つのこと

calendar

reload

留学する前に考えておきたい4つのこと

こんにちは、リリーです!

どうすれば英語が上達するの?コツは?近道とかないの?と、これは英語のみならず母国語以外の言語を学ぶに当たって、私たちみんながふと疑問に思いますよね。今回は、私の経験を通して学んだ、留学を成功させるために必ず考えておいて損はない4つのことについて書いてみます。

sponsored link

ある程度の英語力は必須

日本にいる時から、ある程度英語を勉強しておく。いざ留学すればなんとかなる!と思う意気込みも大切ですが、日本でも準備期間中にできる事はたくさんあります。英語の土台・基礎をしっかりと磨いておくことはとても大切です。

例えば英検5級(中学1年生レベル)で渡米する人と、英検3級(中学3年生レベル)で渡米される生徒さんでは、明らかに留学開始後の英語の吸収力が違いますよね。

最低限の単語力、そして基本的な文章構成は日本にいる時から確立しておくべきだと思います。英検5級レベルの必要単語数ですと大体300-400語程度が試験をパスするのに必要らしいですが、英検3級ですと1230-1350語くらいだそうです。

私が思うに英検3級2級ほどのレベルは留学しなくても日本で勉強しても十分に英語力は伸びるレベルです。

というのは、自分の母国語である日本語で英語を勉強したほうが、理解力や効率も高いと思います。

例えば英検5級レベルで、アメリカに語学留学したとします。語学学校で最初のクラス分けのテスト(プレイスメントテスト)を受け、振り分けられるクラスはおそらく初心者クラスだと思います。初心者クラスでは、中学生から高校1年生程度の授業が行われると思いますが、そこでの英語の文法説明はもちろん英語で行われます

授業の中では、日本語でいう主語・述語・形容詞はsubject/verb/adjectiveとなります。これらの基本文法構造もすべて英語での履修となりますので、まず英語を勉強するために、これらの主語述語などの英単語を覚えるところから始まります。初心者レベルの英語は日本にいる間に習得することをお勧めします。

sponsored link

とにかく日常生活で英語を使う

日常生活レベルでの英語を使う頻度は、“誰と”住むかに大きく左右されます。もしも可能であれば、私個人の経験からも、ホームスティをお勧めします。ホームステイですと、家にかならず誰かがいて、いやでも話をしなければいけません。笑

ご飯を食べるときや、リビングルームでテレビを見ながらくつろいでいる時など。英語を使う場面はたくさんでてくるでしょう。逆にアパート住まいですと、自分の家に帰ってしまったら、英語を話すチャンスは0に近くなります。それよりは、他の留学生たちとのシェアハウスで住むほうが、まだマシだと思います。

授業は最低でも1日4時間は受講

取得するビザによって最低講習時間も変わってくると思いますが、可能な限り1日2-3時間のクラスではなく、最低でも4時間は受講するべきだと思います。クラスの時間数が短い=宿題の量も少ない。結果、自分の自由時間が増えますよね。

自由時間が増えたとして平日あなたは何をして学校以外の時間を過ごしますか。ショッピングや映画などの娯楽ももちろん英語を学ぶ良い機会だと思います。ただ、これらの楽しみは週末でも可能だということです。平日は勉強、週末は遊ぶ!と留学中は、自分で無理やりでも自制心を心がけ、頑張って日々勉学に励みましょう。

目標到達レベルを明確に

留学するにあたって、「英語を喋れるようになりたい」という目標はよく見受けられます。ただここで冷静に考えないといけないのは、「英語を喋る」というのは「どの程度喋れる」ことを指すと思いますか。英語圏で難なく生活できるレベル、アメリカでの会社でアメリカ人同僚と一緒に働くレベル、はたまた、アメリカ人3歳児の英語のレベル。

一言で「喋る」と言ってもレベルが色々あると思います。ここで考えたいのは、あなたがどの程度の英語を喋れるようになりたいか?ということです。「英語を喋る」と一言で言ってもレベルも違ってきます。

私は留学1年後にやっと耳が慣れてきたけど、まだまだ言葉は詰まっちゃう、という状態でした。読めるし書けるんですけど、やっぱり話すというスキルは一番後で発達すると思います。逆に、1年経って、アメリカ人と同等に討論できる人は、本当にすごい英語力の方だと思うし、「言語のセンス」があるんだなぁ〜と、羨ましい限りです。

まとめ

私の経験からして、当たり前かもしれませんが、英語に触れれば触れるほど、比例して英語力もアップすると思います。さりげない会話のなかで、聞いたことがない単語がでると後で調べたり、逆にその単語を発した人に、「ごめんね、さっきの単語を理解できなかったんだけど、何ていう意味?」と聞いてみたり。そうすることによって、会話もますます広がります。(ちゃんと相手に時間があると空気を読んだうえで質問しましょうね笑)留学生活の成功の鍵は、他でもないあなたの渡航前の準備と渡航後の生活習慣にかかっています!

sponsored link

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]