LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

アメリカでLinkedinを利用した就職活動

calendar

reload

アメリカでLinkedinを利用した就職活動

こんにちは、リリーです!

大きな声ではあまり言えないけれど、私は最近アメリカで転職活動を始めました。私はLinkedIn(リンクドイン)をベースに活動しているのですが、少し調べてみたところ、日本ではそこまで使われていないみたいですね。まぁ新卒採用の色が強い日本の就職活動ではそこまでリンクドインの良さが発揮されないのでしょうか。。。

私が実践していることといえば、リンクドインから募集検索が主なのですが、インディード(Indeed)やグラスドア(Glassdoor)でも、何か良い募集がないかも一日一度チェックしています。

sponsored link

Linkedin での重要設定

今日は、アメリカでの就職活動ツールとしてなくてはならない存在のSNS、リンクドインについて重要な設定を画像と共にお伝えします。

この設定というのは、自分からリクルーターさんに対して「私は今求職活動中ですよ〜」と、さりげなくアピールする設定があります。この設定をすることによってリクルーターさんたちも、「あ、この人にコンタクトをとってみたら、手応えあるかも!」と思ってくれるので、私たちに積極的にコンタクトをとってきてくれます。

設定の手順

リンクドインでアカウントを作り、右上のMeのタブをクリックします。

Meタブをクリックすると、下記通り自分のプロファイルのページになります。

リンクドインの利用開始直後の方は、上記赤丸で囲んだ鉛筆マークから、自分の履歴書を作成できます。リンクドインを利用するにあたって忘れてはいけないのは、ビジネスコンセプトのSNSだということです。なので自己紹介の写真を選ぶ際にも、慎重にしましょう。

そして右上の「Job」のタブをクリックすると下記のページが現れます

「Update Preference」をクリックしてみると・・・

sponsored link

上記の画像のように「Job Preference」のポップアップが出てきます。

この画面の真ん中くらいに赤色で囲まれた「Let recruiters know you’re open」というところを、オンにします。オンにしたあと、Doneをクリックして操作は完了です。お疲れ様でした!

ちなみにこの設定は、ほかの一般の人から私のプロファイルにアクセスしても、そのことはどこにも反映されていません。私みたいに働きながらの転職活動で、そのようなアピールが私のページやプロファイルに反映され、もしも今の上司や同僚が私のページを見たときに、あっ!ってなっちゃいますよね 汗 焦

確かに、私のこの設定をオンにしている時とオフにしているときでの、リクルーターからのメッセージの量は明らかに違います。

リクルーターの種類

ちなみに補足ですがアメリカのリクルーターさんには大きく分けて2種類の方たちがいます。

リクルートエージェンシー

一つ目は、リクルートエージェンシーの人。リクルートエージェンシーは、日本でいうと就職斡旋会社ですね。

例えば、リクルートエージェンシーを通して私が、ABCという会社で契約社員として就職したとします。ABCとしては、正社員を雇うよりも、契約社員を雇う方がコスト的に安くつきます。バックグラウンドチェック(犯罪歴などの調査)を始め、保険やベネフィットや、リタイアメント積立、有給休暇など、正社員を雇うには色々お金がかかりますが、派遣・契約社員には、ABC側にはそれらの費用はかかりません。

ABCは、お給料を私のリクルートエージェンシーに支払い、私のお給料はそのエージェンシーからエージェンシーの手数料を引いたパーセンテージを私に配給されます。何パーセント差し引かれているのかは、私たち契約社員にはわかりませんが、ただその仕事を受ける時に、私たちが頂くお給料全額などは、きちんと説明されますので、ぼったくられてる!?と思う心配もありません。

インハウス・リクルーター

二つ目は、インハウス・リクルーターの人。インハウスは、それぞれの会社の人事部に所属している方達です。ABCのリクルーターであれば、そのリクルーターはABCの人事部に所属している方です。従って、この経由でABCに就職が決定すると、(職種にもよると思いますが)たいていの場合は正社員スタートになると思います。インハウスリクルーターから声がかかるとヘッドハンティング感が、大きいと思います。

最後に

最後に、またまた「Job」タブから、どの会社が求人募集しているか一目瞭然です。そこから、自分が直接興味のある会社に簡単に応募することも可能です。

私はマイペースな方なのですが、また転職活動が成功したらご報告させていただきますね〜。

sponsored link

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]