LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

トレダージョーズ2017年度版おすすめランキングを写真と一緒に紹介しま〜す! 

calendar

reload

トレダージョーズ2017年度版おすすめランキングを写真と一緒に紹介しま〜す! 

こんにちは、リリーです!

先日、近所のトレダージョーズに立ち寄ったのですが、何度行っても楽しめるスーパーです。店内入り口付近には、たくさんの綺麗なお花が所狭しと販売されてて、店に入るやいなや、いつも心が少し癒されるような気になります。今回は、トレダージョーズならではの、「便利に気軽に購入できる食べ物や飲み物」を調査してみました!5項目ありますので、順番に一緒に見ていきましょう!

sponsored link

サクッと簡単に食べれるパック軽食

寿司パック!といっても、とてもアメリカンな寿司パックで、カリフォルニアロール(イミテーションクラブ)だったり、天ぷらのロールだったり。日本食・お米が恋しくなった時、でも自分で作るには面倒臭い時(特に私はよく脳内のサボロー君に説得されます)に、ぴったりです。

そのまま食べれるグリルドチキンサラダ、ビーツ・チョップドサラダなど、レルシーオプションも豊富です。また、エッグサラダ・チキンサラダも小腹が空いた時に便利で美味しいです!

また、メキシカン・ブリトーなど、レンジでチンで食べれます。旅先で、ちょっとホテルで夜はまったりしたいなぁ、という日にもってこいな、夕食・軽食です。

種類豊富なフルーツ

他のスーパー(セーフウェーやターゲットなど)とどう違ってお勧めかと言いますと、とにかく値段が良心的!少人数用のコストコ価格じゃないか?と思います。ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、ストロベリーや、ポメグラネットなど、デザートに良しアイスクリームやシリアルと一緒に良し

sponsored link

色んなディップでモリモリ野菜!

トレダージョーズの、ディッブセレクションは、ピカイチ!優秀です。ハマス・スパイシーハマス・サーモンディップ・サルサ・グアッカモレなど、普通の野菜スティックやチップスが、ちょっとファンシーなベジタブルプラターに大変身です。野菜をパクパクたくさん食べたいときに、とってもお勧めなトレダージョーズのディップシリーズ。

ヘルシードリンクに注目!

コンブチャや、プロバイオティック飲料のセレクションも、お値段良心的でワイドバラエティーです。コンブチャは、私はあまり好きではないのですが、健康のために、無理やり1本を2~3日に分けて飲んだりします。

コールドプレスのフルーツジュース(スイカ味は本当に「スイカ!」という甘くて美味しい味でした!(←稚拙な表現力ですみません、でもめっちゃスイカそのまんまだった 苦笑」)はコスパがとっても優秀

sponsored link

コーヒーパッケージが可愛いすぎるし良心なお値段も踏まえて、お土産に最適!とってもおすすめです!スマトラ産、グアテマラ産を始め、ボリビア産やフレンチローストなど、種類も豊富です。

トレダージョーズに立ち寄ったら、必ずコーヒーの試飲をします。ショッピングの合間にぐびっと美味しいコーヒー 笑

飲み物関連のついでに・・・お酒のセレクションも豊富!夫は、激安ヴォッカにびっくりしていました。パーティー用にぴったりですね!

sponsored link

夫はビールが大好きなので、この日も、お気に入りのオランダビールのオランジェブーム「Oranjeboom」を12本すかさず買い物カートに乗せていました。

私は基本的にお酒は全く飲まないのですが、トレダージョーズで売られているビールはセーフウェイやQFCなどの王道スーパーとは、少し異なる商品も売られているのに気がつきました。缶自体のデザインも、おしゃれで可愛いなぁ、と思います。

最近のトレジョのエコバックはどんなの?

さてさて、言わずと知られる大人気のトレダージョーズのエコバック。うちにも4~5枚あったり、日本に帰る時には、母親から頼まれたり、友人へのお土産にたくさん買います。

さてさて、今回お店で見つけたエコバックは3種類

これは中がinsulatedの食べ物などを保存できるタイプ。大判で普通のエコバックの2~3倍はありました。(写真切れちゃってて、すみません。。) 1枚$5.99です。

このフルーツとベジタブルのデザインのバックが最近は主流なのでしょうか。コットン製で1枚$2.99です。

そして、一番お手頃なエコバック1枚99セントです。不思議の国のアリスみたいな、可愛いデザイン&耐久性抜群なエコバック。

sponsored link

まとめ

今回はトレダージョーズ編でしたが、やっぱりアメリカのスーパーはそれぞれ違った良さがあり、住んでいてもついつい長居して、目移りばかりしてしまいます。ハワイでは、トレダージョーズ、意外にまだ進出していないみたいなので、アメリカ本土に来られた際には是非立ち寄ってみてください!

❤️リリーポンドのショッピングおすすめ関連ページ❤️

ターゲットアメリカのターゲットで買う私のオススメお土産を写真と一緒に紹介しま〜す

ホールフーズ必見!ホールフーズのクーポンアプリで楽しく節約

ウォルマートアメリカのウォルマートのお買い得商品リストを紹介しま〜す

ロスドレスフォーレスロスドレスフォーレスで見つけるおすすめ商品ランキングを紹介しま〜す

この記事をシェアする

コメント

  • リリーさん初めまして!
    私は現在24歳の社会人なのですが
    アメリカで留学したいという思いが昔からあり、
    後悔したくないとおもい、
    資金を貯めて留学しようと思っております。
    ただ、語学留学するだけでなくその後に活かせる留学にしたいなと思うのですが、
    アメリカで就職したい場合、ビザがとても難しいと聞きました。
    やはり、就労ビザを得たい場合、大学か大学院へ行くのが1番早いのでしょうか?
    また、現在英語力は全くありません…。

    by hazuki 08/02/2017 10:41 pm

    • Hazuki様

      こんにちは!メッセージ有難うございます。
      私もアメリカに来たのが24歳の時だったので、とても(勝手に)親近感を感じています。私の場合は、日本で大学を卒業しましたで、不思議と自然にアメリカでは大学院に留学しようと思いました。

      残念ながら、語学留学を卒業するだけでは、一般的には就労ビザは応募できない、と思います。(何か他の特殊技能ビザや投資家ビザはまた別の話になりますが・・・)

      就労ビザを応募する、という点では、大学・大学院留学が主流だと私は思います。就労ビザ、昨今でもまだまだ応募者が多くて、申請される枠に入るのに抽選される現状です。ただ、大学卒業枠と大学院卒業枠は別になっていて、競争率的には、確率的な観点ですと、大学院卒の就労ビザの方が、大学卒の就労ビザ枠よりも、まだ就労ビザ獲得の可能性は高いように思います。2018年度でも、就労ビザH1Bビザ大学卒業枠が65000件に対し、大学院卒業枠が20000件ですが、大学院枠で抽選で選ばれなかった応募者は、大学卒業枠に自動的に入り、もう一度抽選されます。

      大学・大学院留学になると、ある程度の英語力が求められます。Hazuki様は英語力が全くありません、とおっしゃっていますが、土台の英語を確立するために、数ヶ月〜1年ほどの語学留学をして、それから大学・大学院入学してみてはいかがでしょうか。(ちょっと更に貯金が必要になると思いますが・・・汗)もちろん、日本にいる間にできることもたくさんあると思います。特記したいのが、大学・大学院入学するためには大抵TOEFLのスコアも必要になってきます。リスニング・文法・リーディングの中でも、文法とリーディングは、日本にいる間にも十分スコアを上げることが可能だと思います。

      私も、大学を卒業して、数年働いて貯金してから渡米し、三ヶ月ほど語学留学をしてその間に、英語に耳を慣らし、TOEFLのスコアを上げることに集中してから大学院に入りました。(私の大学院ではTOEFLのスコアPBTで650点必要でした。)在学中、貯金していたお金も底を付いてきたときに、私は日本で教育ローンを借りました。海外の学校でも教育ローンは日本で可能ですので、資金の面では、このような方法もあると思います。

      就労ビザを獲得するには、ビザをスポンサーしてくれる会社に就職することが前提となります。昨今では、やはり、エンジニア・ソフトウエアディベロッパーの職種が、有利だとひしひしと感じる時代です。理系とは程遠い文系の私は、教職系の学部を卒業したのですが、まずは日系の会社で「翻訳者・通訳者」というカタチで就労ビザを獲得しました。

      24歳、若いし、本当にまだまだこれから、何でも可能だと思います。今のHazuki様のように「留学したい」という意思とともに、「アメリカで働きたい」そのためには、何が必要かということを留学前・留学中に既に考えておくと、必ず夢は叶うと思います!応援しています!また何かあれば、お気軽にメッセージ下さいね。長々とすみませんでした。

      by リリー 08/03/2017 10:06 pm

down コメントを残す




プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]