LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

アメリカ人が日本へ旅して感じること

calendar

reload

アメリカ人が日本へ旅して感じること

こんにちは、リリーです!

今の会社で働いていて、アメリカ人の同僚達から「今度日本に旅行するんだけど、何かオススメのものとか場所ってある〜?」とよく聞かれます。

同僚の誰かが今度日本に行くと知ると、私は、唯一の日本人同僚のKちゃんとまず話し合いますお互いにどこおすすめしたらいいかねぇ〜とトラベルプランの案件を考えます。基本的に関西面なら、大阪出身の私が担当、関東面ならKちゃんが担当したりもしています。笑 ちなみにKちゃんは福島県出身で在米16年くらいかな?です。

私もKちゃんも、日本人としてのプライドなのでしょうか、同僚達が日本を訪れてアメリカに帰ってきた時に、「日本って素敵な国だった!」と思って欲しくって、ついつい頑張って日本の旅行ツアー会社に働いているかのように(?)頑張って色んなmust seeを同僚達に紹介しています。

前置きが長くなりましたが、そんな日本に遊びに行って帰ってきたアメリカ人同僚達、事後報告を大抵私とKちゃんにしてくれるのですが、その事後報告のトップ5を今日は紹介したいと思います!

sponsored link

人の優しさ

日本人の人は、とっても “Welcoming”だと言ってくれます。優しいというか、人当たりが良い、というか。同僚達が日本に行く前に、私とKちゃんは、日本人は恥ずかしがり屋さんが多いから、英語で話しかけたら、日本人の人逃げちゃうかも、でもそれは恥ずかしいやら、英語話せないやらで、本当に悪気があって逃げるんじゃないから、それはしょうがないことだと思ってね〜、と冗談半分・本気半分でアドバイス(忠告?)したりします。

あと、日本は人種の多様性がアメリカほどないから、ちょっと田舎の方に行くと、おじいちゃんやおばあちゃんが見つめてくるかもしれないけど、それも気にしないでね〜慣れてないだけだから〜(←私の旦那によく起こることです)ともアドバイスしたりしておきます。でも、日本から帰ってきたアメリカ人、みんなそんなアドバイスのことはさておき、日本人のおもてなし感がすごい素敵!と喜んで帰ってきます。

食べ物

「全部美味しかった!」と、よく聞きます。食べ物に関しては、吉と出るか凶と出るかだと思いますが、日本に行こうと思う時点で、食文化にオープンなアメリカ人だと思いますが、日本に行ってアメリカに帰ってくるなり、ここら辺で一番本場っぽい日本食レストランってどこ?行かなきゃ!っという具合に、日本食が大好きになってアメリカに帰ってくる人が多いです。

コンビニの凄さ

「なんなの、日本のセブンイレブン!」とみんな興奮気味に日本のコンビニを絶賛します。アメリカにも、セブンイレブン、や個人経営のコンビニ(みたいな、アメリカでは”corner store”とよばれるもの)、はたまたガソリンスタンドに隣接しているコンビニみたいなものがありますが、日本のコンビニと比べたら、天と地の差があります。

決定的な違いは、食べ物の品揃えの違いです。アメリカでも、セブンイレブンなどには、パンなども販売されていますが、大抵賞味期限が長めで、日本のコンビニほど新鮮な食べ物は販売されていません。私も日本について最初に訪れる場所は、コンビニです。

誰かアメリカに日本のコンビニ作ってください。。!!

sponsored link

建築物の耐久性

基本的に、「歩道や道路がとても綺麗!」と言われますが、その他に歴史が詰まった建物がまだたくさん存在していることに圧倒されるみたいです。日本人としては、お寺や神社は普通にそこらへんにあるもの、ですが、アメリカ人からすると、何百年も経ってる建築物をよく綺麗に保っているね、とびっくりする人が多いです。日本人の歴史を重んじる心が、こうゆう場面でも現れていると思います。

電車は難しかったけどそんなに混んでなかった

日本人の私でも、日本で電車を利用するときは身構えます。東京や大阪では特に、乗り換えさえクリアすればどこへでも行けますよね。昨今では電車の駅など大抵英語表記がありますが、やはり乗り換えが必要とされると場合が、大変みたいです。私も前回大阪で京橋から中百舌鳥へ行くときに、普通に危うく電車乗り間違えました。

また、アメリカ人の日本の電車のイメージとして、通勤ラッシュがよくイメージされていて、アメリカ人からしては、いつもあんなイワシの缶詰みたいなの?と思う方が多いです。まぁそれは通勤時間帯の都市部の電車だから、利用する時間をずらしたら、全然座れたりするよ、と言っておきます。

まとめ

日本という国は、アメリカ人にとって本当にメジャーな旅行先です。アメリカからですと、アジアの玄関口みたいな感じで、行きやすいのかな?とも思ったり。日本から出て他の国に住んで初めて、私も日本の国・歴史・国民性・文化など、色んなことに感謝します。同僚達が日本からアメリカに帰ってきて、「日本は本当に素敵な国だね!」と言われると、私も日本人として本当に嬉しくなり、また日本人としての誇りも感じます。

sponsored link

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]