LILLY POND

2018年で在米15年目、リリーのアメリカで留学・生活・お仕事と英語のブログです

アメリカで日本人として働いて気がついたこと

calendar

reload

アメリカで日本人として働いて気がついたこと

こんにちは、リリーです!

私が現在働いている会社はワシントン州にある約250名ほどの規模で90%アメリカ人のテック系の会社なのですが、よく「あぁ〜これはアメリカだなぁ〜」と感じることが日々チラホラ出て来ます。昨今日本でも、特に外資系会社ならアメリカ人上司はそんなに珍しくなくなってきたと思いますが、今日は私が考察した点をリストアップしてみました!

sponsored link

呼び名・呼称

日本で生まれて育ち、また日本の会社で働いていた私は、やっぱりまだこの呼び名に戸惑います。上司を呼ぶのももちろん下の名前呼び捨てです。同僚ももちろん然り。なんか、英語で会話する時に「Hey John!」とか「Bye Jason!」とか普通なのですが、落ち着いて頭の中で日本語に訳してみると「よっジョン!」とか「さいならジェイソン!」という訳もなきにしもあらず。TPOによりますが、たまに頭の中で勝手に訳してニヤニヤする時があります。

服装

私が働いている会社はゲーム関係なので、例えば金融関係の会社に比べたらその差は大きいのですが、うちはカジュアルもいいところです。私の服装はたいていジーパンにヴァンズのスニーカーです。たまに、スエットパンツの同僚もいます。上司がネクタイしている時は、それこそ盆と正月の割合で、親会社の偉いさんとミーティングがある時のみです。(親会社はイタリアの大きな会社なので、きっちりとスーツを着る人が多いので。)

逆に、同僚がちょっとナイスにドレスアップして白いシャツに黒いズボンなどを履いてきた日にゃぁ、同僚から、「何々?どっか面接行ってきたん?」と冗談も飛び交います。

ランチ

うちの会社にはランチルームといって、大きなテレビがあるカフェテリアみたいな広場があります。私もそこで同僚とほぼ毎日昨夜の晩御飯の残り物などをお弁当に入れて持参しています。アメリカ人同僚の中には、私みたいに昨夜の残り物、レンジでチンして食べれる冷凍食品、外にあるスーパーやレストランから、お持ち帰りようで買って来る人、などと様々です。まぁここは日本もアメリカも変わりませんね。

ただ、一度焼き魚をレンジでチンしたら、ランチルームが魚の匂いで充満してしまい、大ひんしゅくでした。笑 それからは、魚をチンするときはファブリーズ片手に電子レンジの前で待機しています。(懲りない私?)

休憩時間

休憩時間は、それぞれミーティングの関係で時間もまちまちなので、人によって色々とちがいます。今朝なんか、私が出社した時間朝9時に、会社のビルについているジムに行く同僚を見かけました。朝から元気ですね〜!

私の上司も、ランチ時間の間にジムにいったり、専属トレーナーをつけて朝からワークアウトします。かねがね、「ジョンほんと朝から元気だね〜」と感心して言うと、「いや〜50歳も過ぎたし、体動かさないとね〜」と元気な答えが返ってきます。やっぱり上に立つ人のバイタリティーは、平社員の私とは桁違いです 笑

sponsored link

働く母さん

私の会社で好きなところは、働くお母さんもちらほらいらっしゃいます。「子供の懇談会があるから、今日は家から働きます」や「子供をデイケアからピックアップしないといけないので何時には出社/退社します」も普通のことです。これが普通というか常識という点は、働く女性にとって本当に良い環境だな、と思います。

仕事後のちょっと一杯

また、仕事帰りにちょっと一杯?も、ほとんど聞いたことがありません。(私が誘われていないだけでは?ということではなさそうです。笑)本当に仲の良い同僚同士なら、ご飯ももちろん行きますが、上司が部下に誘っているところを見たことはこれまであまり見かけたことがありません。

私が日本で働いていたときは、上司から晩御飯行こうと言われたら、よっぽどの理由がない限りは、晩御飯ご一緒していました。まぁ当時の上司もけっこう面白い人だったのでそんなに苦ではなかったのですが。

でも今の会社は、朝早めに来る人は、夕方早めに退社したり、とたいてい結婚している皆さんは家に直帰している様子です。私は半分以上の同僚とフェイスブックで繋がっているので、そこからも直帰してる感が伝わってきます。

まとめ

私は日本の会社でここ15年ほど働いていないので、現在の日本で働くという状況は昔に比べたら少しは変化があるのでしょうか、とたまに疑問に思います。また、アメリカで働く環境などのリストアップしたら他にももっと面白いところとかも出てくると思うので、また随時アップデートしたいと思います〜。

sponsored link

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

リリー

リリー

大阪府大阪市出身。2018年に入り、在米15年になりました。アメリカ・ワシントン州のシアトルに住んでいます。このブログでは、アメリカでの留学・英語・就職・日々生活のことを中心に綴っています。人生一度きり!パニック障害に負けずに、めいいっぱい日々アメリカで生きています。 [詳細]